Google Search Console Teamからの”data-vocabulary.org schema deprecated”警告メールの対応策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
googleのサイン

先日、Google Search Console Teamから『「パンくずリスト」の問題が検出されました。』と題するメールが届きました。同様のメールが届いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、このメールが来た原因と対応策についてお話ししていきたいと思います。

警告メールの内容とこのメールが届いた原因

今回のGoogle Search Console Teamからの警告メールの内容は
『Search Console により、貴サイトに影響する「パンくずリスト」関連の問題が 1 件検出されました。』
というもので、警告の内容は
『data-vocabulary.org schema deprecated』
というものでした。
警告の内容を訳すると『data-vocabulary.orgの図式(スキーマ)は推奨されていません』という意味です。

data-vocabulary.orgの図式(スキーマ)とは、パンくずリストを記述するときの方式の種類の一つです。
この方式にはいくつかの種類がありますが、現在主に使用されているのは今回警告の内容にあった”data-vocabulary.org”と” schema.org”になります。(最近では”data-vocabulary.org”方式はあまり使われることがなくなってきており、” schema.org”方式が使用されていることが多いと思います。)
そしてこの方式について先日Googleは「2020年4月6日以降”data-vocabulary.org”方式はGoogleの検索結果のリッチリザルトの対象外となる」とコメントを出しています。

引用元:Google Webmaster Central Blog
https://webmasters.googleblog.com/2020/01/data-vocabulary.html

そして、このコメントの中で”data-vocabulary.org”方式を使用しているサイトに対して対象外となる期限までに” schema.org”方式への移行ができるように警告を送るとも述べています。
今回の警告メールはこのコメントに基づいて送られたものだと考えられます。

警告メールが届いた場合の対応策

今回のこの警告を受けたサイトはパンくずリストのスキーマをschema.orgに移行しておくべきでしょう。

また、警告メールがまだ届いていないサイトでも問題があれば、構造化データテストツールでチェックすると『data-vocabulary.org スキーマのサポートは終了しました。今後、Google がこのスキーマをサポートする予定はありません。schema.org タイプへの移行をお願いいたします。』との警告が出ていると思います。
移行後は、この構造化データテストツールを使用して正常に構造化データを設置できているか確認しておきましょう。

具体的な移行の方法については、先述したGoogle Webmaster Central Blogにも移行の記述例が挙げられています。

まとめ

以上、Google Search Console Teamからの”data-vocabulary.org schema deprecated”警告メールの対応策についてお話ししてきました。
”data-vocabulary.org”方式が対象外となるのは2020年4月6日となっていますが、早めに対応しておくことをおすすめします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ホームページ制作・運営の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*