WordPressサイトをバックアップする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wordpress

WordPressサイトを運営されている方の中には、WordPressサイトにおけるバックアップの重要性について聞かれたことがある方も多くいらっしゃるでしょう。
一方で、WordPressサイトのバックアップは難しそうでまだ手をつけていないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、そんなWordPressサイトのバックアップについてお話ししていきたいと思います。

WordPressサイトにおけるバックアップの重要性

WordPressで構築されたサイトは、静的なhtmlサイトと比べて

  • サーバー内のサイトファイルとデータベースに分かれてデータが保存されている
  • WordPress投稿などのデータが大量にあることが多く、データが消えてしまうと復旧が困難
  • WordPress本体やテーマ、プラグインなどをアップデートする機会が多く、トラブル発生の危険性も高い
  • 投稿などで多数の人間が運営に関わっていることも多く、人に起因するトラブル発生のリスクが高い

などの特徴があり、WordPressサイトの運営においてはバックアップをとって万一の状況に備えておく必要性がより高いと言えます。

WordPressサイトの運営管理者としては、普段からこうしたWordPressの特徴をふまえた運営を行い、何らかのトラブルでデータが壊れたり消えてしまっても、速やかにサイトを元どおりに復旧することができるように備えておく必要があります。

WordPressサイトにおけるバックアップのタイミングと具体的方法

バックアップの具体的方法についてお話しする前に、まずはWordPressサイトにおけるバックアップのタイミングについてお話ししておきたいと思います。

WordPressサイトのバックアップを行うべきタイミングとしては、大きく分けて二種類あるかと思います。
一つ目はWordPressサイトにアップデートやカスタマイズなどの変更を加える前、二つ目としては普段から定期的に行うようにしておくことも大切です。

それでは、WordPressサイトのバックアップの具体的方法についてみていきましょう

WordPressプラグインを利用する方法

WordPressサイトでは、プラグインを利用して簡単にバックアップをとることができます。

WordPressのバックアッププラグインにもいろいろありますが、おすすめしたいのは「BackWPup」というプラグインです。

WORDPRESS.ORG「BackWPup」のページ:
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/

「BackWPup」では、WordPressサイトのサイトファイルデータのバックアップだけでなく、データベースのバックアップも取ることができるなど細かい設定も可能です。
また、バックアップのタイミングの面でも「BackWPup」では、定期的に自動でバックアップが行われるようにスケジュールを自由に設定しておける他、任意のタイミングで手動でのバックアップを行うこともできます。
そして「BackWPup」のバックアップの対象やタイミングなどの設定は、WordPressの管理画面のメニューから簡単に行うことができます。

WordPressサイトのバックアップを手動で取る方法

普段からftpソフトを利用してWordPressサイトの運営・管理を行なっている方などは、ftpソフトを利用して手動でバックアップを取られているかもしれませんね。
その場合でも、WordPressサイトでは、サイトのファイルだけでなくデータベースのバックアッもとっておく必要があることに注意しましょう。

WordPressサイトのファイルのバックアップには、ftpソフトを利用し、データベースのバックアップには「php my admin」などのデータベースを扱うことができるソフトを利用しましょう。

レンタルサーバーで用意されているバックアップ機能を利用する方法

レンタルサーバー会社によっては、WordPressサイトなど向けにバックアップの機能を用意してくれているところもありますので、利用しているサーバーの情報をチェックしてみるのもいいかと思います。

例えば、レンタルサーバーの「X SERVER」ではバックアップは無料で自動的にとられており、バックアップデータを利用する時だけ料金が発生する仕組みになっているようです。

X SERVERのバックアップ機能紹介ページ:https://www.xserver.ne.jp/functions/service_backup.php

WordPressサイトのバックアップデータの保管先について

ここまでいくつかWordPressサイトのバックアップの方法を紹介してきましたが、リスクを分散させるという意味でも、バックアップデータの保管先を一ヶ所に集中させないで、できるだけ分散させておくことも大切になってくるかと思います。

例えばバックアップデータをWordPressサイトのデータと同じサーバーにだけ保管していると、そのサーバーにトラブルがあった時にサイトデータとバックアップデータの両方を失ってしまい、サイトの復旧ができないという事態になるかもしれません。

そのような事態を避けるためにも、バックアップデータはサイトデータがあるサーバーとは別のサーバーやクラウド、ローカルストレージなどに分散させて保管しておくようにしましょう。

まとめ

以上、WordPressサイトのバックアップについてお話ししてきました。

WordPressで運営されているサイトでは、その特徴から、より一層バックアップの重要度が高いということがお分かりいただけたかと思います。
まだWordPressサイトのバックアップができていないという方は、ぜひこの機会に取り組んでいただき、トラブルが起こった時でもしっかりとサイトの復旧ができるようにしておくことをおすすめします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ホームページの制作・運営の参考になれば幸いです。


参考サイト:WORDPRESS.ORG~WordPressのバックアップ

関連記事:
WordPressサイトではバックアップとともにトラブルを防ぐためのセキュリティ対策も重要になってきます。
WordPressサイトのセキュリティ対策についてはこちらの記事でお話ししていますので、よかったら読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*