WordPressガイドコラム

WordPress投稿の操作方法

今回は、実際にWordPressで投稿を作成するにあたって、初めに知っておくとよい投稿自体の操作方法について紹介していきたいと思います。

今回お話ししていく内容は以下の通りです。
各項目はリンクになっていますので、興味のある内容へ直接移動していただくこともできます。

なお、今回紹介していく内容や画像は、テーマにWordPressに標準でついてくるものの中から「Twenty Twenty-One」を使用し、プラグインは利用していない状態のものです。
ご使用の環境で使用しているテーマやプラグインによって、表示や機能に違いが出てくることがありますのでご了承ください。

投稿の新規追加

新しい投稿を作成する時は、「投稿の新規追加」を行います。
投稿を新規追加する方法はいくつかありますので、それぞれについて紹介していきます。

一つ目の方法としては、ダッシュボード左側にあるメニューから「投稿」→「新規追加」(下図の赤い下線部)をクリックすることで投稿の新規追加ができます。

ダッシュボードからWordPressの新規投稿を作成する

また、投稿一覧画面にある「新規追加」(下図の赤い下線部のいずれか)をクリックすることでも投稿の新規追加ができます。

投稿メニューからWordPressの新規投稿を作成する

上で紹介したいずれかの「新規追加」を押すと、下の図のような新しい投稿作成画面が表示されます。
ここに新しい投稿を作っていきましょう。

WordPressの新規投稿作成画面

投稿の下書き保存

まだ公開していない投稿の作成画面では、下の図のように投稿作成画面の右上に「下書き保存」というボタンが表示されています(画像の赤い下線部)。
これを押すことで、作成中の投稿を一旦保存しておき、あとでまた途中から投稿の作成を進めることができます。

WordPress投稿作成画面にある下書き保存ボタン

下書き保存した投稿は、下の図のように投稿一覧画面に表示されます。

WordPressの投稿一覧画面

投稿のプレビュー

投稿作成画面でのプレビュー

WordPressの投稿作成画面では、作成した投稿のプレビューを見ながら投稿の作成を進めていくことができます。
投稿作成画面の右上には「プレビュー」ボタンがあり、その中の項目で「デスクトップ」「タブレット」「モバイル」のいずれかを選択できるようになっています。ここで選択したデバイスでのプレビューを確認しながら投稿の作成を進めていくことができます。
下にそれぞれのデバイスを選択した状態の投稿作成画面の画像を紹介します。

WordPress投稿作成画面でのデスクトップのプレビュー
プレビューで「デスクトップ」を選択した状態
WordPress投稿作成画面でのタブレットのプレビュー
プレビューで「タブレット」を選択した状態
WordPress投稿作成画面でのモバイルのプレビュー
プレビューで「モバイル」を選択した状態

テーマを適用した状態のプレビュー

ここまでで紹介してきたプレビューは、使用しているテーマが適用されていない状態のプレビューでした。
投稿を実際に公開したときの状態のプレビューを確認しながら投稿の作成を進めたい場合には、投稿作成画面の設定を変更することで、使用しているテーマが適用された状態のプレビューに変更することもできるので、その方法を紹介していきます。

投稿作成画面の右上にある「 」(オプション)マークをクリックすると、下の図のようにオプションのメニューが開きます。
その一番下にある「設定」をクリックします。

WordPress投稿作成画面のオプションメニュー

オプションの設定をクリックすると、下の図のような設定画面が開きます。
その中にある左側の「外観」を選択すると、右側に「テーマスタイルの使用」という項目がありますので、これをクリックします。
その後、設定画面右上の×マークをクリックすると、設定画面が閉じます。

WordPress投稿作成画面のオプションの中の設定画面

以上の操作で、下の図のように、投稿作成画面のプレビューが使用中のテーマを適用した状態になります。
(今回の例で使用しているテーマは「Twenty Twenty-One」というテーマです。)

WordPress投稿作成画面のプレビューで使用中のテーマを適用した状態

新しいタブでのプレビュー

投稿作成画面の右上にある「プレビュー」ボタンの中の「新しいタブでプレビュー」(下図の赤い下線部)をクリックすると、ブラウザの新しいタブで作成した投稿のプレビューを見ることができます。

WordPress投稿作成画面の「新しいタブでプレビュー」ボタン

投稿の公開

まだ公開していない投稿の投稿作成画面では、下の図の赤い下線部のように「公開」ボタンが右上にあります。
投稿の作成が完了したら、この「公開」ボタンを押すことで、投稿が公開されます。

WordPress投稿作成画面の公開ボタン

投稿を更新

公開されている投稿の投稿作成画面右上には、「更新」ボタン(下図の赤い下線部)があります。
公開済みの投稿の内容を変更や修正した後に、公開されている投稿に反映させるためには、「更新」を押す必要があります。

WordPress投稿作成画面の更新ボタン

投稿を下書きに戻す

一度公開した投稿を非公開の状態に戻したいときには、投稿作成画面の右上にある「下書きへ切り替え」ボタン(下図の赤い下線部)を押すことで投稿が下書きの状態に戻り、投稿が公開されていない状態になります。

WordPress投稿作成画面の「下書きへ切り替え」ボタン

投稿の削除

WordPressでは、投稿の削除は「ゴミ箱へ移動」と「完全に削除する」の2段階で行うようになっています。
ゴミ箱へ移動した状態の投稿は「復元」で元に戻すことができますが、ゴミ箱へ移動した投稿を完全に削除してしまうと、元に戻すことができなくなります。

投稿をゴミ箱へ移動する

投稿をゴミ箱に移動するには二つの方法がありますので、それぞれについて紹介していきます。

一つ目の方法は、投稿一覧画面で投稿のタイトル部近辺にマウスカーソルを持っていくと出現するメニュー(下図の赤い下線部)の「ゴミ箱へ移動」をクリックします。

WordPress投稿一覧画面の投稿タイトルから投稿をゴミ箱へ移動

二つ目の方法は、ゴミ箱に移動したい投稿のタイトルの左側にあるチェックボックスにチェックを入れ、「一括操作」となっているセレクトボックス(下図の赤い下線部・投稿一覧の上と下の二箇所にあります)の中の「ゴミ箱へ移動」を選択し、その右側にある「適用」をクリックします。

WordPress投稿一覧画面の一括操作から投稿をゴミ箱へ移動

投稿を復元する

ゴミ箱へ移動した投稿は、完全に削除していなければ元に戻すことができます。
投稿一覧画面の「ゴミ箱」(下図の赤い下線部)をクリックすると、ゴミ箱へ移動した投稿の一覧が表示されます。

WordPress投稿一覧画面のゴミ箱フォルダ

ゴミ箱へ移動した投稿を元に戻すには、「復元」を行います。
投稿を復元するには二つの方法がありますので、それぞれについて紹介していきます。

一つ目の方法は、投稿のタイトル部近辺にマウスカーソルを持っていくと出現するメニュー(下図の赤い下線部)の「復元」をクリックします。

WordPress投稿一覧画面の投稿タイトルメニューから投稿を復元

二つ目の方法は、復元したい投稿のタイトルの左側にあるチェックボックスにチェックを入れ、「一括操作」となっているセレクトボックス(下図の赤い下線部・投稿一覧の上と下の二箇所にあります)の中の「復元」を選択し、その右側にある「適用」をクリックします。

WordPress投稿一覧画面の一括操作から投稿を復元

投稿を完全に削除する

ゴミ箱へ移動した投稿を完全に削除したいときには、「完全に削除する」操作を行います。
投稿を完全に削除する方法は三つありますので、それぞれ紹介していきます。

一つ目の方法は、投稿のタイトル部近辺にマウスカーソルを持っていくと出現するメニュー(下図の赤い下線部)の「完全に削除する」をクリックします。

WordPress投稿一覧画面の投稿タイトルから投稿を完全に削除

二つ目の方法は、完全に削除したい投稿のタイトルの左側にあるチェックボックスにチェックを入れ、「一括操作」となっているセレクトボックス(下図の赤い下線部・投稿一覧の上と下の二箇所にあります)の中の「完全に削除する」を選択し、その右側にある「適用」をクリックします。

WordPress投稿一覧画面の一括操作から投稿を完全に削除

三つ目の方法は、ゴミ箱にある全ての投稿を完全に削除する方法になります。
投稿一覧ページのゴミ箱のページにある「ゴミ箱を空にする」(下図の赤い下線部)をクリックすることで、ゴミ箱内の投稿が全部完全に削除されます。

WordPress投稿一覧画面の「ゴミ箱を空にする」ボタンから投稿を完全に削除

投稿の設定

投稿の設定を開くには、投稿作成画面の右上にある歯車マーク「 」(赤い下線部)をクリックします。
すると、赤い四角で囲んだ設定メニューが表示されます。

WordPress投稿作成画面の投稿の設定メニュー

赤い四角で囲んだ中の一番上の段には、「投稿」「ブロック」「×」という項目が並んでいます。
「投稿」「ブロック」のどちらかをクリックすることでそれぞれについての設定を表示させることができます。ここでは投稿に関する設定を紹介しますので、「投稿」が選択された状態のままで大丈夫です。

設定のメニューを閉じるには、もう一度歯車のマークをクリックするか、×マークをクリックします。

また、それぞれの項目を開くには、項目名の右側にある「 」のマークをクリックするとその項目の内容が開きます。
開いている項目を閉じるには、項目名の右側にある「 」のマークをクリックします。

ここからは、投稿の設定の各項目について簡単に紹介していきます。

ステータスと公開状態

ここには、公開の状態や、公開日時などが表示されます。

パーマリンク

ここでは設定によって、投稿のパーマリンクを設定することができます。
パーマリンクとは、公開された後の投稿ページのURLの末尾部分にくる文字列のことです。
パーマリンクについて詳しくは、「WordPressの投稿を作り始める前にやっておくべきパーマリンク設定」の記事で紹介していますのでよかったらみてみてください。

カテゴリー

WordPressには、投稿をカテゴリー分けする機能があります。
投稿していく記事の内容に応じて自分でカテゴリーを作り、投稿のカテゴリーをここで設定することができます。

タグ

WordPressには、投稿にタグをつける機能があります。
自分で作成した任意のタグを、投稿につけることができます。

アイキャッチ画像

ここでは、投稿のアイキャッチ画像を設定することができます。
アイキャッチ画像とは、投稿の初めの方に表示されている画像のことで、読者に投稿の内容をイメージさせたり、読者の興味を引くために使われたりします。

抜粋

ここでは、投稿の抜粋を設定することができます。
抜粋には、投稿を要約した文章を設定しておくことで検索結果に表示させたりすることができます。

ディスカッション

ここでは、コメントやピンバックの許可などの設定をすることができます。

まとめ

以上、WordPress投稿の操作方法についてお話ししてきました。
少し長くなってしまいましたが、必ずしも全部を覚えてから投稿を作り始める必要はありません。
よく使う機能などは使っていくうちに覚えていくと思いますので、使うときにわからないものは調べながらどんどんWordPressを使っていくことをおすすめします。

WordPressの投稿を作り始める前にやっておくべきパーマリンク設定

WordPressパーマリンク設定

WordPressで制作したホームページでは、立ち上げ時に設定しておくべき項目がいくつかありますが、今回は投稿に関する設定で初めにやっておくべきものとして、パーマリンク設定についてお話ししていきたいと思います。

パーマリンクとは

WordPressでは、設定によって投稿ページなどのURLの末尾部分を投稿作成者が決めることができます。
その際に、どのようにページのURLを決めるかというルールを設定することができます。これが、パーマリンク設定です。
パーマリンクとは、パーマネント・リンク(Permanent Link)の略語で意味的にはPermanent(永続的)なLink(リンク)のことです。
WordPress.Orgのページでは以下のように紹介されています。

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的 (半永久的) な URL です。
パーマリンクは、他のブロガーがあなたの記事やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。
個別の投稿への URL は常に存在して決して変わらないようにすべきです。
そのため、「perma」リンクと呼ばれます。

パーマリンクの使い方 | WordPress.org 日本語

例えば、あなたがWordPressに投稿した記事を読んでくれた誰かが、他の人にあなたの投稿した記事を紹介しようと思い、あなたの投稿のURLへのリンクを自分のホームページに掲載したとします。
しかし、その後にパーマリンクが変更されて投稿のURLが変わってしまっていたらそのリンクからはあなたの投稿のページにたどり着くことができなくなってしまいます。

以上のように、パーマリンクの設定を後から変更すると投稿ページのURLが変わってしまいます。
公開したWordPress投稿のURLが途中で変わることがないようにするために、投稿を作り始める前にパーマリンク設定を決めてしまって後から変更しないようにしたいのです。

URLについて

前の項目でWordPress投稿のパーマリンクはURLになるということをお話ししましたが、URLはどのようなものが望ましいのでしょうか。

望ましいURLとは

どのようなURLが望ましいかについて、Googleのガイドラインでは以下のように説明されています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア (_) ではなくハイフン (-) を使用することをおすすめします。

シンプルな URL 構造を維持する | 検索セントラル | Google Developers

すなわち、URLはできるだけシンプルで、意味のわかる短い単語または単語の組み合わせがよいとされています。

日本語のURLでも大丈夫?

URLに使用する言語は日本語でも大丈夫なのでしょうか?
日本人向けのホームページであれば、日本語のURLにしておいたほうが見る人に意味が伝わりやすいという面はあるでしょう。実際に、日本語がURLに使われているホームページも存在します。

ただ、日本語を使ったURLはおすすめしません。
例えば、

https://pallete.net/ホームページの作り方

という日本語を使ったURLを作ったとします。
このような日本語を含んだURLはSNSでシェアした時などに

https://pallete.net/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9

のように日本語の部分が変換されてしまう場合があります。これはもちろん同じページへのリンクとしては有効に機能するのですが、文字列が長くなってしまうことと、見た人から怪しいイメージをもたれかねないのであまりおすすめはしません。

日本語もURLに使用することはできますし、SEO上のデメリットもないとされてはいますが、この例のようなページの場合でしたら、半角の英数字を使ったURLで

https://pallete.net/how-to-create-website

のようなURLにすることをおすすめします。

WordPressのパーマリンク設定方法

それでは、実際にWordPressでのパーマリンクの設定をどのようにしたらよいか紹介していきたいのですが、実際のパーマリンク設定に進む前に、ひとつ検討しておくべき内容がありますので、まずはそれについてお話ししておきたいと思います。

WordPress投稿のカテゴリー分けをURLにも適用するか

WordPressには、カテゴリーの機能があります。
この機能を使って投稿を自分で作成したカテゴリーに区分して整理することができるのですが、URLにもこのカテゴリーの分類を使用したい場合にはそのようにパーマリンクの設定をしておく必要があります。

例えば、ペットに関するホームページで、「人気のドッグフード」に関する記事を書いたときに「dog」というカテゴリー名をURLでも使用して

https://example.com/dog/popular-dog-food

としたいのか、
あるいはURLにはカテゴリー名を使用せず

https://example.com/popular-dog-food

としたいのかをあらかじめ決めて、そのようにパーマリンクの設定をしておく必要があります。

このように、URLでもカテゴリー区分を使用したい場合には、パーマリンクの設定を決めるにあたって、これから作成していく予定のWordPress投稿の記事の内容についてもあらかじめ検討しておく必要があります。

なお、おすすめの方法としては、WordPressのパーマリンク設定としてURLにはカテゴリー分けを使用しない方法がおすすめです。
理由としては、将来的に複数のカテゴリーにまたがる内容の記事や、明確にカテゴリー分けができないような内容の投稿記事を書くことになっても、URLにカテゴリー分けを使用していなければ困らずに済むからです。

具体的なWordPressのパーマリンク設定方法

ここからは、WordPressの実際の設定画面を見ながらパーマリンクの設定方法について紹介していきたいと思います。
パーマリンクの設定ページへは、WordPressの管理画面(ダッシュボード)の左側にあるメニューの中の「設定」→「パーマリンク設定」と進みます。(下図の赤い下線)

WordPressの管理画面(ダッシュボード)

パーマリンク設定のページは下の図のようになっています。
基本的には上側の「共通設定」の所のいずれかの項目を選択するだけで良いと思います。
「共通設定」の項目には、「基本」「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」「投稿名」「カスタム構造」があり、それぞれの項目の右側にはその設定を選んだ際にURLがどのようになるかの例が記載されています。
「カスタム構造」を選択すると、WordPress側で用意している各種タグを組み合わせてパーマリンクを設定することができます。

WordPressのパーマリンク設定画面

では、WordPressのパーマリンク設定をどのようにしておけばよいかについてお話ししていきましょう。
パーマリンク設定の「共通設定」は初期状態では「基本」が選択されています。
しかし、このままだと投稿ページのURLは、その右側にあるように

https://pallete.net/?p=123

というように、英数字と記号の組み合わせがURLの末尾部分に自動的に割り振られるようになってしまいます。
前述したように、このようなURLは望ましくないので、パーマリンクの設定を変更しておきましょう。
また、設定を変更した後は左下にある「変更を保存」ボタンを忘れずに押しておきましょう。これを押さないと変更が反映されません。

おすすめの設定としてはパーマリンクの設定は、「投稿名」にしておくのがおすすめです。
そうすることで、自分で入力した文字列を投稿ページのURLに指定することができるようになります。

下の図は、「Hello world!」というWordPressをインストールするとすでに公開された状態になっているサンプル投稿の投稿作成画面です。
WordPressのパーマリンク設定が「基本」になっていると、この図のように、右側の赤枠で囲んだパーマリンクの部分は、末尾が「/?p=1」となっていて変更もできない状態になっています。

パーマリンク設定が「基本」の時の投稿作成画面

次に示した図は、同じサンプル投稿の投稿作成画面ですが、WordPressのパーマリンク設定を「投稿名」に変更した状態です。
赤枠で囲んだパーマリンクの部分にURLスラッグを入力できる欄ができており、その下のURLの末尾部分はURLスラッグの欄と同じ「/hello-world」となっています。
このように、WordPressのパーマリンク設定を「投稿名」に変更したうえで、URLスラッグの入力欄を書き換えることで、投稿ページのURLの末尾部分を適切な文字列に変更することができます。

パーマリンク設定が「投稿名」の時の投稿作成画面

まとめ

以上、WordPressの投稿を作り始める前にやっておくべきパーマリンク設定についてお話ししてきました。
今回の内容を簡単にまとめると、『WordPressのパーマリンク設定はデフォルトのままは良くないので、「投稿名」にしておくのがおすすめです。』ということになります。
これからWordPressでホームページを作られる方は、ぜひ投稿を作り始める前にパーマリンクの設定をしておいてください。